2009年07月30日

競馬予想 無料 京都大賞典 レースデータ分析

〜京都大賞典 レースデータ分析〜


『前走GI組が強い!!!!』

前走の条件別成績を見ると、

前走でGIに出走していた馬が8勝を挙げて、

連対馬20頭のうち15頭を占めていた。

それ以外のレースをステップに優勝したのは、

1999年のツルマルツヨシと昨年のインティライミで、

この2頭はいずれも前走で朝日チャレンジCに出走して、

優勝していた。


次に、

前走GI組のそのレースでの着順別成績を調べてみると、

前走で5着以内に入っていた馬
が〔8・6・1・11〕

(勝率30.8%、連対率53.8%)と、

素晴らしい成績を収めていた。



前走の条件別成績(過去10年)

前走の条件 成績 勝率 連対率 3着内率

GI 8-7-2-21 21.1% 39.5% 44.7%

GII 0-3-1-18 0% 13.6% 18.2%

GIII 2-0-3-14 10.5% 10.5% 26.3%

オープン特別 0-0-3-7 0% 0% 30.0%

1600万下 0-0-1-2 0% 0% 33.3%

1000万下 0-0-0-3 0% 0% 0%

地方のレース 0-0-0-1 0% 0% 0%


※前走が新馬、未勝利、500万下だった馬は、
 過去10年で該当なし



前走がGIだった馬の、そのレースでの着順別成績(過去10年)

前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率

1着 2-1-0-0 66.7% 100% 100%

2着 1-2-0-2 20.0% 60.0% 60.0%

3着 2-2-1-3 25.0% 50.0% 62.5%

4、5着 3-1-0-6 30.0% 40.0% 40.0%

6着以下 0-1-1-10 0% 8.3% 16.7%




posted by 京都娘たん at 13:23| 京都 ☁| Comment(0) | 競馬予想 無料 京都大賞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。