2009年07月30日

競馬予想 無料 京都大賞典レースデータ分析★

京都大賞典レースデータ分析★



『末脚自慢を見逃すな!!!!』


前走の上がり3ハロンタイム・順位別成績を見てみると、

前走で上がり3ハロンタイムの順位がトップだった馬は、

連対率30.4%、3着内率52.2%と素晴らしい成績を収めていた。

それ以外の馬についても、

“前走の上がり3ハロンタイムの順位が上位の馬ほど3着内率が高い”

という結果になっている。〔上〕


次に、

前走の上がり3ハロンタイムの順位が

3位以内だった馬について、

そのレースでの着順別成績を調べてみた。

前走で4着以下に敗れていた該当馬のうち、

5頭がこのレースで3着以内に巻き返している。


2006年のファストタテヤマ(7番人気2着)は、

前走の札幌記念で6着に敗れていたが、

そのレースでの上がり3ハロンタイムの順位は2位だった。

前走の着順が悪くても、

上位の上がり3ハロンタイムをマークしていた馬には、

注目してみる価値がありそうだ。〔下〕



前走の上がり3ハロンタイム・順位別成績(過去10年)

順位 成績 勝率 連対率 3着内率

1位 5-2-5-11 21.7% 30.4% 52.2%

2位 0-2-1-5 0% 25.0% 37.5%

3位 2-1-2-11 12.5% 18.8% 31.3%

4、5位 1-2-1-11 6.7% 20.0% 26.7%

6位以下 2-3-1-27 6.1% 15.2% 18.2%




前走の上がり3ハロンタイムの順位が3位以内だった馬の、
そのレースでの着順別成績(過去10年)


前走の着順 成績 勝率 連対率 3着内率

1着 4-1-4-12 19.0% 23.8% 42.9%

2着 1-2-2-2 14.3% 42.9% 71.4%

3着 0-1-0-1 0% 50.0% 50.0%

4、5着 2-0-1-6 22.2% 22.2% 33.3%

6〜9着 0-1-1-5 0% 14.3% 28.6%

10着以下 0-0-0-1 0% 0% 0%
posted by 京都娘たん at 13:37| 京都 ☁| Comment(0) | 競馬予想 無料 京都大賞典 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。